世田谷区経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニック

世田谷区 経堂の歯科・歯医者

世田谷区経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニック

0334264448

【診療受付】
9:00~12:30/15:00~20:30
※火曜午後は17:30まで。
※土曜午後は17:00まで。
木・日祝休診。

完全
予約制

0334264448

【診療受付】
9:00~12:30/15:00~20:30
※火曜午後は17:30まで。
※土曜午後は17:00まで。
木・日祝休診。

世田谷区経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニック

選べる経堂の歯医者さん

選べる経堂の歯医者さん

経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニックでは、治療手段、治療方法、詰め物被せ物の材質など「患者さんが選択できる歯医者」を目指しています。

どういうことかというと、例えば虫歯の治療。虫歯を削るのも、歯を抜くのも、どちらも虫歯の治療です。
虫歯を削る場合は、歯はなくならないため、美味しい食事を楽しむことができますが、その反面、また虫歯になる可能性があります。

一方、歯を抜いた場合、また虫歯になることはありませんが、食べ物の温度を感じる事ができなくなるため、食事を楽しむことができません。
どちらの治療法も、それぞれメリットデメリットがあるのです。
経堂えきまえ歯科クリニックは、患者さんが選択し、望む治療を行い、世田谷区の方々の地域医療に貢献していきたいと思います。

経堂駅から徒歩2分、平日は夜9時まで診療しています。
お気軽にご相談ください。

医師・スタッフ紹介

経堂えきまえ歯科クリニック特徴

平日夜9時まで診療

月曜日から金曜まで、平日は21時までと夜も診療しています。
お勤めのサラリーマンの方や日中時間の取れない方でも、通院することが可能です。

完全予約制

完全予約制ですので、スケジュール管理がしやすいです。
診療状況によりお待たせしてしまうこともありますが、なるべく時間通りに診療を始められるよう心掛けています。

開業50年以上

世田谷区経堂の地で父が開業してから50年以上経ちました。
園医・学校医なども務めさせていただき、世田谷区の歯科治療に貢献しております。

診療ご案内

虫歯治療、根管治療、 歯周治療

虫歯治療、根管治療、
歯周治療

歯が痛い・沁みる、歯ぐきから血が出る・歯がぐらぐらするなどでお困りの方へ。当院で認可されている高度先進医療についてもご紹介します。

詳細はこちら

被せ物や入れ歯など歯を補う治療

被せ物や入れ歯など
歯を補う治療

詰め物被せ物、入れ歯、ブリッジ、インプラント、割れた歯の治療など、当院で行っている歯を補う治療のご案内です。

詳細はこちら

歯のクリーニング、ホワイトニング

歯のクリーニング、
ホワイトニング

白くキレイな歯でいると、人前にでることが嬉しくなるものです。当院で行っているクリーニング、ホワイトニングについてご紹介します。

詳細はこちら

こどもの歯の治療・矯正

こどもの歯の治療・
矯正

床矯正、クリーニング、サリバテスト(唾液検査)など、当院で行っている子どもの歯の治療をご紹介します。
 

詳細はこちら

歯ぎしり・くいしばりの改善

歯ぎしり・くいしばりの
改善

顎関節症や歯ぎしり・くいしばりの改善、スポーツ用マウスピースなどのご紹介です。
 

詳細はこちら

お知らせ

6月の診療日と診療時間の変更

蒸し暑い日が続きます。

毎朝着るものに悩まされております。しかし寒い事が苦手な私は、まだロングスリーブのシャツが手放せません。

何処に行っても室内の冷房が強くて、堪えます。

さて、6月の診療日をお知らせ致します。

日曜、祝日、28日の木曜日は休診、6月15日金曜日は18:00までの診療と致します。

また6月以降、毎週火曜日の診療は18:00までに変更いたします。よって火曜日の夜間の部は診療しておりませんのでご注意ください。

 

破折歯の根管治療について

破折した歯の根管治療(根の中の治療)についてお話し致します。

破折歯のほとんどは、『根管治療された歯』つまり『神経をとっている歯』であることが多いように思います。

また頻度は少ないですが、『神経のある歯』が割れてくる事もあります。

破折の程度が軽いケースでは、根管治療の必要がない事もありますが、特に破折の程度がシビアなケースでは、まず根管治療が必要になります。

*根管治療の必要性は、診査後にご説明致します。

そして、破折歯の接着治療保険適用外の治療であるため、これにかかわる根管治療も原則として『保険外診療』となってしまいます。

おおまかな治療費は料金表の根管治療の所に記載されておりますが、詳細は診査後にご説明致します。

**電話での治療費の問い合わせには応じておりませんので、あらかじめご了承ください。

また、以下のケースは保険診療扱いとさせていただきます。

(1)破折により生じた歯髄炎や歯髄壊死(もしくは壊疽)による根管治療

(2)以前当院で治療した歯の再根管治療

(3)所見時に破折が確認できない場合

 

よって、

破折歯の治療  =(レントゲン)+  破折歯接着   + (根管治療) +   被せ物


主に4つの治療費を要します。



一覧はこちら

ページトップへ戻る