tel.03-3426-4448
診療受付時間
9:00~13:00/15:00~18:40
休診日
木曜午後・日曜/祝日
お問い合わせ

口腔外科

総合的な診断で
お顔のバランスチェック

歯科口腔外科

歯科口腔外科では、顎関節症やお口の周辺のケガのほか、神経性疾患や親知らずの抜歯なども扱っています。また、お口の粘膜に発生したできものに対して、検査や治療を行うこともできます。口内炎と思っていたら口腔がんだったということもありますので、気になるできものがある場合、ぜひ早めにご相談ください。

歯ぎしり・食いしばり

歯ぎしりや食いしばりは誰もが気づかないうちに行っている行為です。とはいえ、激しい場合は歯が折れたり欠けたりすり減ったりすることもあります。また、むし歯や歯周病、頭痛や肩こり、顎関節症に発展することもあるので、ぜひ放置せずに当クリニックにご相談ください。

歯ぎしり・食いしばりの種類

  • グライディング

    噛んだ状態で歯をギリギリとこすり合わせる、いわゆる「歯ぎしり」です。歯ぎしりが激しいと歯の摩耗が進んで噛み合わせが狂うので、早めに治療を受けましょう。

  • クレンチング

    「食いしばり」と呼ばれる状態です。あまり音が出ないので周囲の人に気づかれにくいですが、力がかかり続けると歯が折れたり割れたりするリスクが上がります。

  • タッピング

    歯をカチカチと連打するタイプです。グラインディングやクレンチングよりも少ない症例として知られています。

食いしばりによって起きる顎関節症

食いしばりが激しいと顎に負荷がかかり続けることから顎関節症のリスクが上がります。顎関節症は軽症であれば口の開閉時に異音がする程度ですが、悪化すると激しく痛んだり口の開閉ができなくなったりするので、異常があれば早めにご相談ください。

歯ぎしり・食いしばりや顎関節症のためのスプリント治療

当クリニックでは歯ぎしり・食いしばり、顎関節症で悩んでいる方にスプリントと呼ばれるマウスピース状の器具を使った治療を提供しています。症状によって素材や厚みを使い分け、歯や顎間接にかかる負荷を吸収・分散し、症状の緩和に役立てています。

親知らずの抜歯

親知らずはまっすぐ生えていれば特に問題になりませんが、斜めや横に生えている場合は、他の歯を圧迫して痛みを起こしたり、歯並びを乱す原因になったりもします。そのため当クリニックでは半埋伏歯や水平埋伏の歯(智歯:親知らずを含めて)に対しても、なるべく院内で抜歯しております。処置だけでおおよそ30~40分要するケースもあります。
また、抜歯をご希望される日の前までに、レントゲン検査を含めた術前診査を終了させておいて下さい。矯正治療に伴う便宜抜歯(主に小臼歯)も行っております。紹介状(レントゲン)をお持ちの方は、ご持参のうえお越しください。保険外診療で5,400円~(薬代を含む)かかります。

スポーツマウスガード

ボクシングや空手、アメリカンフットボールやラグビーなどで頭部にかかる衝撃を和らげ、歯で口の中を負傷することを防ぎます。さらに、スポーツマウスガードを装着してプレイすることで、さまざまな競技のパフォーマンスが向上することも知られています。

スポーツやケガ・事故などで歯が折れてしまったら

歯はご自分の歯を長く保つことがやはり健康を保つためにも欠かせないこととなります。しかし、歯を折ったり、失うのはご年配だけではないと当クリニックでは考えています。スポーツや遊んでいるときに不慮の事故で歯を失うことは珍しくありません。当クリニックでは歯が折れてしまった方もなるべくご自分の歯を抜かなくていいように破折歯接着保存治療を提供しています。接着には様々な条件がありますが一度ご相談ください。

口腔外科の料金

バルプラストマウスガード
(フルコンタクトスポーツ用)
33,000円

※料金はすべて税込み価格です

ページトップへ