世田谷区経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニック

入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラント|世田谷区 経堂の歯科・歯医者

世田谷区経堂の歯医者 経堂えきまえ歯科クリニック

0334264448

【診療受付】
9:00~12:30/15:00~20:30
※火曜午後は17:30まで。
※土曜午後は17:00まで。
木・日祝休診。

完全
予約制

0334264448

【診療受付】
9:00~12:30/15:00~20:30
※火曜午後は17:30まで。
※土曜午後は17:00まで。
木・日祝休診。

入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラント

入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラント

歯を失った場合には、「義歯(部分入れ歯)」「ブリッジ」「インプラント(人工歯根)」の選択があります。
また、特に支障がなければ、当面は「放置(そのまま何もしない)」というのも1つの考えかと思います。
失った歯を補う治療には様々な方法があります。当院で行っている失った歯を補う治療をご紹介いたします。
下記の説明は、正常な口腔内の状態での比較となります。特に年数は一つの目安としてとらえてください。

入れ歯(義歯)詳細

ブリッジ詳細

インプラント詳細

入れ歯(義歯)

保険診療

レジン床(プラスチック)

破折しないよう、中に金属の骨を入れます。歯に掛ける金属(クラスプ)の形が決まっているため、設計は限られています。

審美性

 

部分床義歯では、歯にかける金属のクラスプが露出してしまいます。

機能性

 

プラスチック(レジン)は軟らかいため、早く馴染みやすいです。しかし臭いがつきやすいです。

耐久性

 

変色、摩耗が生じやすいです。

スルホン床

歯に掛ける金属(クラスプ)の形が決まっているため、設計は限られています。

審美性

 

レジン床と同様に部分床義歯では、歯にかける金属のクラスプが露出してしまいます。

機能性

 

レジン床と比較すると、臭いがつきにくいです。しかし修理が難しいです。

耐久性

 

レジン床と比較すると、強度があり変色も生じにくいです。

保険診療の入れ歯(義歯)
料金表

一部保険診療

総義歯の内側を0.2~0.8㎜の薄い金属にすることで強度が生じ、また熱の伝わりが良く、レジン床・スルホン床と比較して舌感に優れます。
意外と知られていませんが、一部保険診療が使えます。

総義歯(レジン床とコバルトクロム合金を使用した金属床)

50年以上の実績があり、最も一般的な材料です。

審美性

 

ほとんど問題ありません。

機能性

 

レジンやスルホンと比較して、内面がとても薄いので、異物感が少なく、熱伝導性に優れます。まれに金属の味を感じることがあります。

耐久性

 

レジンやスルホンと比較して変形が少ないので、破折しにくくなっています。

総義歯(レジン床とチタン合金を使用した金属床)

最も軽くて強度もある金属で、上の顎には最適です。

審美性

 

ほとんど問題ありません。

機能性

 

レジンやスルホンと比較して、内面がとても薄くて比重が軽いために、異物感が少なく、熱伝導性に優れます。
また、金属の味を感じることはありません。

耐久性

 

コバルトクロム床と比較して、変形が少ないので、破折しません。

総義歯(レジン床とプラチナ・ゴールド合金を使用した金属床)

最も安定性があり、理想的な材料です。しかし重いため、下の顎に最適です。

審美性

 

ほとんど問題ありません。

機能性

 

レジンやスルホンと比較して、内面が薄いので、異物感が少なく、熱伝導性に優れます。他の金属と比較して比重が重いので、特に下の総入れ歯に向いています。

耐久性

 

コバルトクロム床と比較して、変形が少ないので、破折しにくくなっています。

一部保険診療の入れ歯(義歯)
料金表

自費診療

超硬質レジン床義歯(35%Au or ホワイトゴールド)

保険で使用されるレジンやスルホンと同じ厚みですが、破折しにくく、変色・摩耗が少ない高密度なレジンを使用します。
部分入れ歯では歯にかけるクラスプに、保険で使用される12%金銀パラジウム合金やコバルト合金ではなく、適度な弾性をもつ「35%金銀パラジウム合金」や、理想的な弾性と耐久性をもつ「ホワイトゴールド」から選ぶことができます。

審美性

 

5色の歯肉色とクリア色のレジンから選択できます。歯への負担が少ない形状のクラスプは、目立ちにくい黄金色を呈しています。

機能性

 

保険の義歯より設計に自由度があります。また保険の義歯と同様に、修理がしやすいといった利便性はあります。

耐久性

 

ホワイトゴールドは★4

クラスプの腐食等による劣化はほとんどありません。保険の義歯より柔軟ですが、過度な力が加わると、クラスプが折れたり、レジンが割れることがあります。

オプション

超硬質レジン床の歯ぐきの部分に軟性シリコンをつけることができます。
いびつにとがった歯ぐきなど、痛みがちなケースに使用します。
シリコンの付け方、品質により3つの選択があります。

直接その場で簡易シリコンをつける方法です。約1年以内で交換をお勧めいたします。
義歯の作製時、同時にシリコンをつける方法です。2年の保証をしております。
義歯の作製後、一時お預かりしてからお付けいたします。高品質な生体シリコンで3年の保証をしております。
メタルプレート義歯

歯にかけるクラスプと義歯の内面や外面の骨格であるメタルを一つのブロックとして製作します。
より薄く、丈夫であるため、部分入れ歯では理想的な治療といえます。異物感や変形が少なく、一体感もありますが、人によっては窮屈な感じのすることがあります。
保険で使用されるコバルト合金ではない「上質なコバルト合金」、「最も軽量なチタン合金」、「理想的な弾性と耐久性を持つホワイトゴールド」から選ぶことができます。

審美性

 

ホワイトゴールドは★4

5色の歯肉色とクリア色のレジンから選択できます。歯への負担が少ない形状のクラスプは、ホワイトゴールドのみ目立ちにくい黄金色を呈しています。

機能性

 

内面が薄い金属であるため、異物感が少なくなっております。特に最も軽いチタン合金は、上の義歯に向いております。ただメタルベースなので、破折時の修理は時間を要します。

耐久性

 

チタン、ホワイトゴールドは★5

クラスプの腐食等による劣化はほとんどありません。過度な力が加わると、クラスプが折れたり、レジンが割れることがあります。チタン合金やホワイトゴールドではほとんど破折しません。

超硬質レジン床義歯・メタルプレート義歯
料金表

ミラクルデンチャー

ミラクルは独創的なアイデアと新技術によって誕生した義歯(入れ歯)で、ミラクルタッチ(維持装置)を使った部分入れ歯です。
詳細は義歯(入れ歯)相談室/中川歯科医院をご覧ください。

当院で扱っているミラクルデンチャーは5種類となっております。

ミラクルフィット

いわゆる見た目はノンクラスプデンチャーと似ておりますが、内容は全く異なります。
残された歯に負担をかけることなく、従来の義歯と比較して小さく、はずれにくいのが特徴です。金属は使用しません。

審美性

 

一切金属を使用しないので見た目はすっきりしています。

機能性

 

従来の入れ歯と比較して小さく、外れにくいです。

耐久性

 

ポリカーボネイト樹脂を使用しておりますので、レジンと比較して若干緩みが生じることがあります。

ミラクルフィット3

ミラクルフィットと、ミラクルフィット4・5の中間に位置するデンチャーです。
全体のたわみを少なくするために、内面にコバルト合金を入れて強度を持たせております。多少の厚みがあります。

審美性

 

あまり目立ちませんが、ケースによっては一部金属が見える事があります。

機能性

 

強度のためにレジンの内面に金属が入るので、若干の厚みが生じます。緩みが生じた際には、手直しし易い設計のデンチャーです。

耐久性

 

ミラクルフィットと比較してたわみが少なく、強度があります。

ミラクルフィット4・5

ミラクルメタルフィットの薄さと強度をもっています。また、その内面に一層のレジンが付いていますので、手直しし易い設計となっております。メタルの範囲によって4と5に分かれております。使用される金属は「コバルトクロム合金」と「ホワイトゴールド(プラチナゴールド合金)」から選ぶことができます。

審美性

 

あまり目立ちませんが、ケースによっては一部金属が見える事があります。

機能性

 

義歯の内面が薄いメタルのため、舌感が良く、異物感が少なくなっております。また緩みが生じた際には、手直しし易い設計のデンチャーです。

耐久性

 

ホワイトゴールドは★5

ミラクルフィット3と比較してたわみがより少なく、強度があります。程よい硬さと適合性を備えているホワイトゴールドは、高額ですが理想的な材料といえます。

ミラクルメタルフィット

義歯の内面が薄いメタルからなるため、より舌感に優れ、異物感が少なくなっております。メタルによる繊細なタッチは、歯への負担がより少なくなっています。使用される金属は「コバルトクロム合金」と「ホワイトゴールド(プラチナゴールド合金)」から選ぶことができます。

審美性

 

あまり目立ちませんが、ケースによっては一部金属が見える事があります。

機能性

 

義歯の内面が薄いメタルによる接触のため、熱伝導が良く、舌感が良く、異物感が少なくなっております。

耐久性

 

ホワイトゴールドは★5

ミラクルフィット3と比較してたわみがより少なく、強度があります。程よい硬さと適合性を備えているホワイトゴールドは、高額ですが理想的な材料といえます。

ミラクルデンチャー
料金表

ブリッジ

ブリッジは、歯のない部分(欠損部)の歯(ポンティック)とその両隣の支台となる歯の被せ物からなります。
また、連結料が1か所につき別途1,080~2,160円かかります。ハイブリッドのみのクラウンは、ブリッジにできません。
白い被せ物で、中にメタルを使用したクラウンは、メタルだけのクラウンとの組み合わせが可能です。同様に中にリューサイトやジルコニアを使用したクラウンは、リューサイトだけのクラウンやジルコニアだけのクラウンとの組み合わせが可能です。
つまり、中に使用する材料が同一であれば、ブリッジとして作製することが出来ます。
歯の削除量が少ない接着性ブリッジは、12%金銀パラジウム合金を使用したものに限り保険適用となります。

インプラント

歯を失ってしまった場合の、治療の選択肢の一つです。顎の骨の中に、チタン製のスクリューを埋入する治療です。
当院では、インプラントの埋入だけでは済まないケースが多いため、事後対応し易い2回法を採用しております。デンツプライシロナ社のフリアリット2、ザイブとストローマン社のITIを採用しております。
1回目で埋入、2回目で歯肉の穿孔と、2度メスを使用しなければなりません。

当院からお勧めするのは以下のケースの場合です。
事故や先天的に歯を喪失しており、隣の歯が健全で削る必要のない場合
部分入れ歯の土台とする場合
骨の廃用性萎縮の防止とする場合(スリープインプラント)

正確な診査、診断のためにも、できるだけCT撮影をお願いしております。
CT以外では、オルソパントモや単純撮影もあります。おおよそ700円~3,700円程かかります。
歯周病に罹患中の方、プラークコントロールの悪い方はお勧めしません。

インプラント
料金表

ページトップへ戻る